木枯らしの吹く寒いある日の午後
11月の半ばに到来した寒波に人々は慌てて厚手のコートを羽織っている
そんな月曜日の午後ークアラントットのフィレンツェ店
工事中の店舗を訪れたのはジュエリー達が夜に休息する
大切なお城/金庫の搬入があったら
中に入ってすぐに気付いたのが
IMG_6846.jpg
お店の外の看板だ
そうこうしている間に金庫が到着した
作業員3名で慎重に運ばれる
1000KG以上ある君もこの空間の仲間入り
IMG_6841.jpg
思った以上に時間がかかった金庫の搬入が終わり一息
すると土木担当のルーカがお店から看板を取り上げ
玄関上に取り付ける作業をはじめた
IMG_6847.jpg

なんだろう〜〜この感動!!
まだお店の内部はすべては終了していないけど
まるで映画のクライマックスシーンを見ているような気分になり
道路の騒音さえもバックミュージックに聞こえた

クアラントットのフィレンツェ店の契約をしたあの暑い夏の日
そして建築士と話をスタートさせた秋の扉の季節
9月末からの時間が走馬灯のように私の頭の中を駆け巡った
ルーカはそんな私に振り返ってニッコリ笑った

IMG_6853.jpg

このお店の制作に携わってくれた人達は本当に素晴らしく
一緒に素敵空間の道を歩んでくれた

そう。。。ジュエリーを作る職人がいるように
クアラントットフィレンツェ店はまた違う色んな職人達に出会った
この改装期間のすべての瞬間はクアラントットの歴史
このページはこの人達抜きでは語れない
『Grazie a tutti !』皆ありがとうー私は何度も言ってお店を後にした
サンタトリニタ橋を渡りながらポンテベッキオを眺めた
冷たい風が私の頬を心地よく冷やしてくれた

IMG_6898.jpg


miki2_20161116024352670.jpg