フィレンツェの街には格子のように広がるVIA /通りがひしめく
それは迷路のようなに小さな道もあれば人が沢山通る目抜き通りもある

IMG_4443_2016082301065438d.jpg


それぞれの通りにある歴史を知ると町歩きの感覚が変わる
そう。。。まるで中世の時代に連れ込まれるような

フィレンツェの目抜き通りとも言われるトルナボーニ通り
フェラガモのお屋敷を眺めながらがアルノ川にでる

IMG_4451_20160823010656e9b.jpg

そこから広がるオルトラルノ(川の向こう側)地区
ルネッサンスの館が並ぶこの地域には昔から骨董品店が立ち並び
《Una via elegante》エレガントな通りと呼ばれています
この通りに最初に館が作られたのは1260年代
Bonaccorso VellutiがVia Maggio をスタートさせました。
彼に続き、貴族達は素晴らしい建物を建設することで実権を見せたかった
そんな建物がドンドンと増えた通りーーVia Maggio--5月通りとも訳せるが
実はこの通りの最初の名前はvia Maggiore 
Maggiore---イタリア語で重要性の高い。最大の。一番大きいの意味
そう。。この通りフィオレンティーニ/フィレンツェ人にとって
とても重要な通りだったのです。

そんな通りにクアラントット。フィレンツェ本店のオープンが決まりました
IMG_4462.jpg

クアラッントットデザイナー/愛佳さんがジュエリーを学んだ場所
そしてこの空気の中で生まれたジュエリー達は日本で輝き羽ばたき
今秋、故郷フィレンツェで新たな開花を迎えようとしています。
是非ご期待くださいませ!!

IMG_4742.jpg


miki2_20160817211912dbb.jpg