IMG_8808.jpg

ほんの2週間フィレンツェを留守にしている間に
アルノ川を差す光の色が確実に変わった。
足を止めてキラキラ揺れる川面を眺めていた午後
背中に当たる温かい春の日差しが体の中に差し込んでいくのを感じる
ずーーっとこのまま太陽ビタミン剤を吸収していたくなった

工房での用事を済ませバスを待っていたら
前方からイタリア人の婦人が歩いてきた
風のキツい今日ベージュのダウンの襟は首まであるタイプ
髪はアップされてクルクルとうなじに落ちるふんわりした後れ毛に
ヨーロッパの女性像を感じさせられた

IMG_8825 copia

そんな彼女の耳に光っていたのは2つ重なるパール
シンプルだけど品のあるその白い輝きは決して主役ではなかった
大きくないけどちゃんと存在感のある名傍役
もし彼女がこのパールピアスをつけていなければ
私の目に止まっていなかったのかもしれない
ジュエリーをつけることは美しさを醸し出す自分自身との連携プレーのようだ

イタリア人マダム達はこのゲームの演出を心得ている
日常にこんな素敵なジュエリーの付け方をできるようになりたいと思った
そして彼女はお知り合いの男性に挨拶をした
『Buona Pasqua!!!』ブオーナ パスクワ/素敵な復活際を!
彼女が微笑んだ笑顔の耳元でパールのピアスがキラリと光った
パスクワに相応しいピアスなのかもしれない。。。

パール

miki2_20160212013925999.jpg