人生の中でこんなに沢山の国籍の人たちと知り合えたのは
ここフィレンツェに住んだことのひとつの宝なのかもしれない
イタリア人だけではなく多国籍の人種と。。。

私が知り合ったころのアンナはまだ16歳だった
幼い頃に中国から家族で移住した彼女はアジアの香を残しながらも
仕草や話し方はほぼイタリア人のように成長した

若くはじけるような彼女の肉付きのいい体のラインはアジア人の女の子からかけ離れていた
がしかし笑顔で笑う彼女の細い目はたっぷり塗り込まれたアイラインの下で
ほのかに異国の空気を残していた

そんな彼女には同国の素敵な彼がいた
久しぶりに会った彼女は可愛い女の子から30歳を目の前にする
いい女になっていて私をドキドキさせた

ストレートの真っ黒な髪はマイルドなチョコレート色に
真っ赤に塗られた唇そして綺麗に整えられた爪
もうあの頃の彼女が思い出せないくらい魅力的な女性に変身していた
そんな彼女が左の薬指に光らせていたのはベルベットのようなイエローゴールドのリング
『私からプロポーズしたの!!』 彼女は私に報告した

MARE.jpg

えっ!貴方から??と聞くと。。。
彼女はその日の夜のことを静かに語りだした

ずーーっと彼からいつの日かリングの箱を渡されることを待っていたの
その日は来るのか?それとも???
勿論ロマンチックなシチュエーションでリングを男性から渡されることは
女性にとって待ちに待った瞬間なのかもしれない

ある日の夜彼女は海の見えるレストランのテラス席を用意して
彼を食事に誘った
美味しいシーフードに舌鼓を打ちながら二人はいつもの時間を過ごしていた
カメリエーレがドルチェのオーダーを聞きに来たあと
彼女は少し席を外した 
戻ってきた彼女は口紅を塗り足し頬に少しラメの入るチークを入れていた

彼女は独り言のように 『今日もこの景色を貴方と見れて嬉しいわ!』 呟いた
聞こえないふりをしていた彼はいつものように笑顔で返事を返した

そこにオーダーをしたドルチェが運ばれてきた
カメリエーレはそっと彼の前にお皿を置くと銀の半円のクロッシュに手をかけ
アンナの目を一度見た後そーーっと蓋をとった

なんとそのお皿の上には甘いドルチェではなく白いジュエリーボックスが置かれていた
アンナは彼の傍に行くと。。。。『Mi vuoi sposare??? 』 私と結婚したい??
まさか。。。彼女からこんなサプライズがあるとは夢にも思っていなかった彼
言葉も出ずただただ彼女を抱きしめた。。。。
そして彼女はイエローゴールドに輝くベルベットのようなリングを
ゆっくり彼の薬指につけた

LA BELLA MATTINA

バスルームに行くと席を外した彼女はご年配のカメリエーレに
私今からプロポーズするから協力して!!とお願いしていたのだ
白髪の優しい微笑みをもつカメリエーレはドルチェを出したあと柱の陰から
二人の大切な時間を見守っていた

愛のカタチにルールはない.......
そんなことを教えてくれたような気がした


miki2_20170513214931d75.jpg





201706ブライダルフェア-blog  
 
ブライダルフェア開催中

6/17(Sat)~ 7/2(Sun)

期間中、すべての店舗でご成約頂いたお客様に

◆刻印or誕生石を無料でサービス
◆クアラントットオリジナルリングボックスをプレゼント





私がフィレンツェに初めて留学に来たのは97年
この街と知り合って20年目の夏を迎えようとしている
留学生時代は言葉を話すことや環境の変わった生活習慣になれること
今まで当たり前と思っていたことに冷水をかけられるような思いもあった

そんな私も日々目に見えない海外で生きていくという成長をしながら
フィレンツェの街にそしてイタリアの空気に対応していく力をつけた
そう人間は皆変わりたいと思えば自分でそれを選択できる自由がある
怖がっていてもなにも変わらない
そんな風に考えていたのは私がこの地に本格的に腰を据えて暮らそうと決めた
2001年のちょうど今頃の季節であった
まるで滑り台から流れるように私は迷うことなくこの地で歩くことを決めた
勿論、将来への心配がなかったかと聞かれと嘘になる
がしかし未来の自分を考えることより毎日を生きることが楽しくて仕方なかった
ある友人が私に言った言葉がある
『人生は点と点で結ばれているその点をきちんと生きていれば
必ず自分が辿りつきたい道に到着できる 』
そう。。私の20年前に付けた点は根を張りだしていたのだ
この地ーーフィレンツェで。。。

ARNO LA SERA

フィレンツェの街を歩いていると夕暮れ時から少しすると
街のオレンジの外灯が一斉に明かりを灯す
20年前そして今も変わらないこの温かい色

LAMPADA RING

あの時滑り台から流れ落ちれた自分
このオレンジの灯りを見てちょっと拍手したい気分になった5月の夕暮れである

miki2_20170505224325b03.jpg
























201706ブライダルフェア-blog  
 
ブライダルフェア開催中

6/17(Sat)~ 7/2(Sun)

期間中、すべての店舗でご成約頂いたお客様に

◆刻印or誕生石を無料でサービス
◆クアラントットオリジナルリングボックスをプレゼント





イタリアではこの季節に空気中にフワフワした綿が舞う
住みだしたころは雪!?もう初夏を迎えようとしている季節に驚いたのを覚えている
その正体はPIOPPOと呼ばれるポプラの木の綿毛が風に吹かれ
街中を吹雪のように舞い散る

pioppo.jpg

ここ数日まるで真冬のように温度が下がった
イタリア人達はタンスの少し奥に片付けた手袋や毛糸の帽子
そして暖かいコートを引っ張りだして体を温める
この国に住みだしたころの私は春になったら寒くても薄手のコートを身に纏っていた
冬のコートはここで終わりというような意味のないラインを引いてしまっていた

全くもって遅れている国と思うことも頻繁にあるこの国だが
それはイタリア人達が自分に頑固すぎるほど正直に生きているからであろう
彼らのワードロープにルールは存在しない
おばあちゃんから聞いたことやマンマが言ってたこと
自分の心をそして体を一番大切にしている人たちなのかもしれない

道路に舞い落ちる白いPIOPPOの綿毛を見て
ちょっと自分勝手なイメージのあるイタリア人達
決して曲げたくないこと他人の目をきにしないそんな自分を持てることも大切な生き方だと
少し彼らの気持ちを理解できるようになっている私がいることに気づいた

今朝工房に立ち寄った
職人達はいつもと同じスピードでジュエリーと向き合っていた
昔からのやり方で手仕事で回りに振り回されることなく
時には頑固すぎてイライラさせられこともあるけれど
誰も真似のできない素晴らしい作品を仕上げていく彼らを誇らしくも思った
このビロードのような気品を放つ彫りの輝きは彼らの生き方さえも表しているように思えた

外に出たら風に舞うPIOPPOの綿毛が私の頬に優しく落ちてきた

miraggio_20170422002647652.jpg

これは夢かまぼろしか
MIRAGGIO


miki2_201704212303181a0.jpg









201706ブライダルフェア-blog  
 
ブライダルフェア開催中

6/17(Sat)~ 7/2(Sun)

期間中、すべての店舗でご成約頂いたお客様に

◆刻印or誕生石を無料でサービス
◆クアラントットオリジナルリングボックスをプレゼント





ある日の13時すぎそろそろランチタイムと思っていたら
一組のご年配のアメリカ人ご夫婦がお店に入ってこられた
イタリアへの訪問は今回が3度目というお二人
小さな静かな町を巡ったり大好きなトスカーナ地方を満喫しているそうだ
イタリアという国は飽きることがない
何度来てもまた戻りたいと思う何か大きな魅力に包まれているよ!
とご主人はニコニコとして私に語った

旅行中ということもありご婦人はとてもカジュアルなスタイルだった
恐らく年齢的にはかなりご年配かと思われたが彼女の仕草や話方で
この方がとてもエレガントな方だと明確にわかった

IMG_3863.jpg

奥様がショーケースに足を進めるとご主人は静かに
玄関にある紫色のビロードのソファーに腰を下ろした
そして幸せそうな顔でジュエリー達を見る奥様を優しい眼差しで見ていた
彼女はラテン語のジュエリーのネックレスを見せて欲しいと指さしたcarpe diem

65cmの長めのネックレスが通されたそのチャームには

Carpe diem quam minimum credula postero
『今日一日の花を摘めなぜならいたずらにも時はどんどん流れていくのだから』

彼女はサラサラとこのラテン語を読みだした
『ラテン語をお話しになられるのですか?』と尋ねると
彼女はチャーム見ながら『若い頃にね。。』と微笑んだ
まるで宝物を見つけたような顔でご主人に見せる彼女の顔は少女のようだった

長めのチェーンを彼女は首に通した
黒いシルクの光沢のあるセーターの上に乗せられたチャームは
艶消しされた落ち着きのある輝き出していた
彼女の耳には同じ光りすぎないイエローゴールドのフープイヤリング

ご主人はソファーからアンティークの鏡に映る彼女を見つめていた
このご夫婦の柔らかくしっかり築かれた夫婦の絆を感じた
奥様は『とっても気に入ったけど少し考えてみるわ』と言い
チャームを静かに首から外しトレーの上に乗せた
がしかし彼女の視線はこのチャームから離れなかった
 『素敵な詩だわ!』と彼女は再び CARPE DIEM.....と声に出した

ご主人はそーーっとソファーから立ち上がると
彼女の肩に手を回しポンポンと肩を優しくたたき
ズボンの後ろポケットからお財布を取り何も言わずに
クレジットカードを私に手渡した
そして奥様の顔を見てこう言った
『DESTINY!!!』運命だねーーこのチャームと出会ったのは!!と告げた
きっとこのお二人にはこのラテン語に通じた秘密のストーリーが
あるに違いない・・・・と私は思った
でもそれを聞くことはしなかった
お二人だけの時間を邪魔したくなかった

お見送りをさせて頂きお店を出たお二人を扉から少し見送っていると
奥様がご主人に軽くキスをし彼の腕にぴったり寄り添った
お二人はポンテサンタトリ二タ橋に向かってゆっくり歩いていった

時計の針は14時前だった
お二人の幸せな空気を沢山食べたせいか空腹は感じていなかった
私も主人とこんな風に年を重ねていければと未来予想図を頭の中に描いた
そしてその日の午後はずーーっとどんなストーリーだったのかが頭から離れなかった



miki2_20170415000502bdf.jpg









201706ブライダルフェア-blog  
 
ブライダルフェア開催中

6/17(Sat)~ 7/2(Sun)

期間中、すべての店舗でご成約頂いたお客様に

◆刻印or誕生石を無料でサービス
◆クアラントットオリジナルリングボックスをプレゼント





クアラントットフィレンツェ本店に頻繁に顔を出してくれるお客様
アメリカ人の彼女はご主人のお仕事でフィレンツェに滞在中
この界隈に住む彼女はいつもお店の前を通ると挨拶をしてくれる

今日の彼女はグレーのシンプルな薄手のセーター
ピタッと足に張り付くような黒いレギンス
足元はいつもシンプルなスポーツシューズ
そんなカジュアルな彼女の胸元に輝くのは
LE API SUI FIORI のネックレス
ハチドリ
肩に少しかかる金髪の髪は少しおくれ毛を残しアップされている

フィレンツェに来てまだ6か月の彼女
『Come stai ?? 』 元気??と声をかけると
英語なまりの可愛い声で『Sto bene e tu?? 』 元気よ!貴方は??
と明るく返事をしくれる
新鮮な彼女のイタリア語を聞くと
自分の留学時代のたどたどしいイタリア語を思い出す

そんな彼女がクアラントットのこのネックレスを手にしたのは
今年のバレンタインデーだった・・・・・
そうご主人からのサプライズで届いたキュートな蜂を
毎日身に着けてフィレンツェの街を爽快に歩く彼女

とってもカジュアルな服装に
キラキラ光る繊細な蜂に施されたの本物の光
彼女のちょっと赤みを帯びた肌色にしっくり馴染んでいる
きっと彼女はいいものを見極める力を幼い頃から学んだのであろう
空気のように自然な彼女のしぐさや行動にそんな家族背景さえ想像できる
そう。。。決してジュエリーだけが目立つのでなく
自分のジュエリーのスタイルを若い彼女は確実に作り出している

私は彼女の若さとフレッシュさにほんの少し"幸せジェラシー"を感じた
彼女は次はこれよ!!
とウィンドーの一つのチャームを指さした
このチャームが彼女の胸元をどんな風に飾るのだろうか
その日はそんなに遠くないと彼女の輝く目を見て確信した

miki2_201703290137463f4.jpg








201706ブライダルフェア-blog  
 
ブライダルフェア開催中

6/17(Sat)~ 7/2(Sun)

期間中、すべての店舗でご成約頂いたお客様に

◆刻印or誕生石を無料でサービス
◆クアラントットオリジナルリングボックスをプレゼント